呼吸の本性

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 11:07
いつも有り難う御座います。

頑固ジジイになるだろうと予想される山下です(笑


僕は、100歳を超えてなお現役バリバリの日野原重明先生のフェイスブックを毎日見ているんですね。

日めくりカレンダーと称して、人が人として生きて行くためのメッセージを配信して下さいます。
https://www.facebook.com/shinrojin


その中で今日のメッセージに

「よい呼吸法は、吸うよりも吐くことを意識します。」

という言葉がありました。

☆意識的に「吐く」呼吸を☆
呼吸は息をしっかり「吐ききる」ということが重要です。息を「吐く」機能を鍛えることによって、肺のはたらきを良くすることもできます。


というお医者さんならではのご説明がなされていました。


僕はこれを見て、ふと、「自分が吐いたものが、自分を表すなぁ」と頭をよぎったんですね。

呼吸って、一般的に「いかに吸うか」を意識される場合が多いのではないかと思います。


酸素を取り込むことが目的だから、しっかり吸おう。大きく肺を膨らませよう、って。

こうした取り組み方は、いまの社会にも通じるものを感じるんですね。


そう、それは情報過多だということ。


みんな一生懸命に、「自分のためになる情報を」と、吸収する事ばかりに目が行きがちです。

損しないように、失敗しないようにと、自分がいかに傷つかないで生きられるかで必死です。

確かにそれも仕方がないのかもしれません。

スキあらば、人のものを上手く搾り取ろうとする世の中になってきていますから。


でもですね。

呼吸は「まずは吐く」ことによって、自然と十分な空気が吸えるようになるんです。


それと同じく、生き方の中でも、情報を吸収することよりも、まずは自分がどのような態度を取るかが大切なのではないかと思うのです。


・自分の吐いた言葉が自分を作ります。

・自分の吐いた態度で相手が変わります。



ね? そう思いませんか?


批判・批難・愚痴まみれな言葉ばかりを吐き出していれば、自分をそのような人間として生きること宣言しているようなもの。いったい誰がそんな人と共に歩みたいと思うでしょうか。


いつも内心で相手を好き嫌いばかりで判断していたり、自分にとっての損得勘定ばかりで付き合っていたら、それはやがて態度となって吐き出されます。

そんな態度を感じて、相手はあなたの内心通りに接するようになります。人と人との関係は合わせ鏡ですからね。



だからこそ、いかに自分は「吐くか」に意識を向けてみてください。


優しさを吐き出せば、思いやりとなり返ってくる。

思いやりを吐き出せば、愛情となり返ってくる。

愛情を吐き出せば、救いとなりあなたは救われる。



そんな循環が呼吸の本性であるのではないでしょうか。


ぜひ、呼吸も生き方も、「吐く」ことを意識して行きたいですね。


深呼吸
コメント
ブログ配信いただき、有難うございます。
自分のしたことが自分に返ってくるということをふだん忘れがちだな感じました。
胸にとどめておこうとおもいます。
  • げこ
  • 2013/03/19 6:35 PM
> げこさん
いつも有り難う御座います。ほんのちょっとの積み重ねが、大きな結果に変わるのでしょうね。僕も常に心がけようと思いながらブログに書き留めています(笑
  • 山下@管理人
  • 2013/03/20 6:23 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM