親の影響力

  • 2014.11.01 Saturday
  • 11:47
いつも有り難うございます。

バンビーノ・ツヨシです。


お子さんの耳のトラブルのご相談もよく頂きます。

電話やメールを頂くのですが、
その文章から脈々と伝わるもの。
電話の声のトーンから脈々と伝わるもの。

一目見ただけで、
一声聞いただけで、

ブワァッという、なんとも言えない重〜いものが
僕の方に迫り来るのが感じられることがあります。



僕の施術がお子さんの問題を解決したり
症状を治すのではなく、
あくまでもお子さんの意識が現象を突破していきます。

そのためには、
周りのサポートが必要になります。

そのサポートで一番重要なのが
「親の存在」なんですね。


お子さんにとって、もっとも必要なものは
おそらく「自信」ではないかと思うのです。

自信の喪失は伝染するものです。

だけど、自信は与え、受け取ることで復活もします。

親の「自信の欠如」が、
そのままお子さんに伝染していきます。

逆に、親の自信の復活こそが
お子さんの自信へとつながり、現状を打破していく
キッカケになるかと思います。


なので、お子さんにとって、一番身近で、一番関わりが深く、
影響力のある親が、根本的に、目の前の現状に対して自信を持って
受け止めていけるようになることが求められているのではないかと感じます。


僕がお子さんに施術を通して、
自信を与えることは可能ですが、
それも一時的な効力です。

家に帰ってからが本当の日常ですので、
不安にまみれているお子さんは、また元の習慣に
戻りやすくなると思います。

なので、根本的には、
お子さんよりも、親がそばにいて
お子さんに自信を与え続けることが出来るようになることこそが
最も重要ではないかと思います。


僕は身内に精神疾患を患っていた者がいて、
それで何十年と悩んできた経緯があります。

だけど、通院する当の本人が病気で苦しみ、
当の本人の問題だとばかり思っていましたが、
本当の問題は、その周りの家族にある(ここでは僕自身)と、
気づいたとき、僕自身の性根を正して、心を見つめる日常に徹したとき、
身内の精神疾患は治まっていきました。


人は一人ではいきられないというのは、
まさにそういうことで、周りの価値観に左右されやすく、
それによって、ものの見方・感じ方も形成されやすいんですね。

「みんなが一人のために、一人がみんなのために」
というようなことを聞いたことがあると思います。

子供の悩みを分離して考えずに、
「私自身が原因なのでは?」
という視点に立って見られるようになったとき、

自分自身が与えていた影響を変えて行く
チャンスに恵まれるようになるのではないかと思います。


特に子供は、まず第一に親の価値観によって生きやすいですので、
それだけ親の存在は影響が大きいと自覚して見つめて行くと、
親自身が、自信を携えて、それを子供に伝えていくことが
どれだけ大切かということが見えてくるかもしれません。

親が不安をつかんでいれば、子も不安で生きるようになる
ということですね。







■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

コメント
そうなんですよね〜。
自信をたくさんつけてくれた褒めちぎりの父が
亡くなってから、不安ばかり焚き付ける母の言葉に
まだ時々、むか!!って来てしまう私です。
親の影響力って凄いです。

私は夫が精神疾患患者でしたが、最期まで他人事としか
捉えられず、常に私は犠牲者だ〜って思っていました。
先生のように自分の性根を叩き直すなんって考えてもみず
その機会はないまま、夫は亡くなってしまいました。
天国で私の事恨んでるかな〜〜。
  • 歌姫
  • 2014/11/01 12:04 PM
>歌姫さん、
ご主人さんは恨んでなんかいないと思いますよ〜
なんてったって仏さんなんですから歌姫さんのことを応援しているはずです!
  • 山下@管理人
  • 2014/11/04 9:30 PM
わ〜〜ほんとですか〜〜。良かった〜〜。
主人の事と、愛知県にいて父の看病や介護にあまり
参加できないまま、父を天に送った自分に未だ大きな罪悪感を
持っていました。出来るだけの事はしたと思っているのですが
…。
先生のコメントで少し救われました。
そろそろ、努力した自分を許してあげてもいいかな(*^。^*)
  • 歌姫
  • 2014/11/05 9:02 AM
>歌姫さん
肉体あるうちが花。お父さんもご主人さんも、罪悪感で悲しむより、笑顔で元気に生きることを選択して欲しいと思っているはずですよ〜(*^_^*)
  • 山下@管理人
  • 2014/11/05 9:17 AM
先生ありがとうございます!
嬉しさで涙がちょちょ切れました!
(ちょちょ切れるってこう言う使い方合ってますか?)
( ̄∇ ̄*)ゞ
  • 歌姫
  • 2014/11/05 10:08 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM