自然か不自然か

  • 2017.01.21 Saturday
  • 19:03

山下です。

 

気功の本を貸してくれた人がいたので読んでみました。


そこに書いてあったのは、

『 気とは自然の産物なのであるから、気功とは「自然」が先生なのだ 』

ということ。


自然はなにものにもとらわれず、自由自在。


雨も、自然ならそれをうけるすべての生命も自然の存在。

 

雨がイヤだから天候を人智でもっていじろうとする発想もないし、
雨だからといって人間以外に傘をさす猪やレインコートを着るウサギもいません(笑)

 

だから「あるひとつの考えにとらわれるのも、不自然」なんだそうです。


雨がイヤだ、上司がいやだ、仕事がいやだ、病気がいやだ、、、

イヤ、という考えがすでに「ひとつの考え」ですよね。


さらには自然界には「イヤだ」という発想はありません。
(個々の生物が、「食べられるのはイヤだ」と思っているとしても、
自然界全体からしたら、またスピリチュアルな世界からみたら
「イヤ」なことではないのだそう。これはまた別の話)

 

そして、気功によって疲れた体を健康にする。

それは否定するべきものではないとしても、
本来、仕事で疲れる、その疲れをとるための気功なのではない
のだそうな。


気功によってもっと仕事が楽しくなる、仕事では疲れなくなる
のが本来の姿なのだそう。


仕事で疲れるのなら、それは「自然」ではない、との理由によって。。


だから気功をすることによって、今の仕事がもっともっと楽しくなるか、
今の仕事を辞めてしまうか、より「自然」な方向へ進んでいくのだそう。

 

それだけ、自分の「考え」「カラダの使い方」などが
「自然」なものから逸れていくことで、精神やカラダが
「不自然」になっていくよ、

と気功は教えているのかもしれません。

 

自分のなかにある「自然」。自分の外にある「自然」。
それらを統合するメソッドが気功。そういう気がしました。


みなさんもたまには「その思考」「そのカラダの使い方」が
「自然か?」「自然界にありうるか?」と考えてみるのも
面白いかもしれませんよ。

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

コメント
今年もよろしくお願いします。

「気」ってあるようでないようで。確かに存在すると思います。
最近は天気予報にはまっていて、晴れの時は神様が笑っている。
雨の時は神様が涙で潤いを与えてくれている・・なんて、
勝手に想像して楽しんでいます。

「気」の存在をどう受け止めるか?

これはすべての受け止め方に通じているような気がして、
興味深いです!

感謝いたします♪
  • 大原
  • 2017/01/22 7:26 AM
>大原さん、おぉ〜♪楽しんでますね〜♪
どう受け止めるかで楽しさも広がりますから
気持ち良いのがいいですよね☆
  • 山下@管理人
  • 2017/01/22 8:10 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM