それを見つめすぎない

  • 2017.02.18 Saturday
  • 14:36

山下です。

親が子どもを叩いてしまう。
虐待とまではいかないけれど・・・。


そういうことを赤裸々に書いた本を読みました。

書いている本人が叩いていたことをリアルに表現しているのです。

 

母性愛、母親の役割、精神的な未熟さ、自己中心的、そんな論など
吹き飛ばしてしまう勢いのある本でした。


そして、夫に・パパに、ぐさぐさと突き刺さってくる本でした。

突き刺さる、と思えなければ、

ますます母親を追い込みかねない危機感を抱かせる内容です。


最後の方で、著者が書かれています。


子どもを凝視せざるを得ない環境から少し脱却できたとき、


楽になった、と。

 

俗に言う「密室育児」ということです。

 

これはあらゆることに通用するのかもしれません。

なにかを凝視してしまうことから脱却できれば
楽になること、って他にもありそうな気がするのです。

悩みしかり、病気しかり、環境要因しかり、不幸しかり・・・。

 

いつだったか、「レモネード基金」のことを
とりあげたテレビをご覧になった方はおられますか?


小児ガンの子どもがまだ入院中の小児ガン患者とした約束


「ガンをやっつける薬を世界中で作っているんだから、

きっとガンをやっつけよう」


という話で、

先に退院した小児ガン患者の子どもが
レモネードスタンドを出してそのお金で
ガンをやっつける薬を作る足しにしてもらおうというストーリーで、
結局はそのお子さんも亡くなってしまうのですが。


それなども、

「自分はがん患者である」ということを凝視するのではなく、

広く他人にまで視野を広げているところが

主人公の明るさであったのかもしれません。


「子どもだから病気になっても単純な思考しかないんだ」

というのは簡単なんです。


でも複雑な社会に生きているんだ、ということを振りかざして、
子どもの足元にも及ばないレベルでしかない自分にショックを受けました。

 

家庭があるから、子どもにお金がかかるから、
資本主義社会に生きているから。

いくらでも理由はつけられるのですが・・・

でももっとまわりに目を向けることが
他人を助けることのみならず、
自分を追い詰めることから救い出してくれるのかもしれない。

そんなことを思った今日この頃

 

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

コメント
みんな人間♪

そう思えた時、山下先生にお会いできたことを覚えています。
  • 大原
  • 2017/02/20 3:05 PM
ブログ更新ありがとうございます。
毎回よませていただいています!
今回のブログ、育児にかぎらず、いろいろなことにあてはまるテーマだと感じました。
  • こげまる
  • 2017/02/21 6:44 AM
>大原さん、タイミング良くお会いできて良かったです♪
  • 山下@管理人
  • 2017/02/27 5:07 PM
>こげまるさん、いつも有り難う御座います。そうそう、ものごとをそうして普遍的に見られること、大切ですね♪
  • 山下@管理人
  • 2017/02/27 5:07 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM