ファントム・ペイン

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 09:51

山下です。

ファントム・ペイン。幻肢痛、ともいいます。

事故や病気などで切断したあとの四肢が「痛い」。

すでに「無い」腕や足が痛い、という症状です。

 

単に腕をなくしたことを認めたくないなど、
精神の崩壊を招きたくない欲求からくる感覚だ、
というものでは説明がつかないらしいのです。

ギプスで腕を吊って、のちに切断することになった患者さんは、
腕がないにもかかわらず、
「吊った状態で無い腕が固定されている」
感覚に陥るというケースもあるようです。

 

しかも、痛い。無いはずの部分が痛い。

 

無い腕の痛みを治療できますか?

治療するには、

無い腕をもう一回無くしてあげるかしない気もします。


 

脳は成長するにつれ、衰えるだけだといわれています。

再生しない、とも。

(再生する、という研究も最近になって出始めました)


 

たとえそうだとしても、

「変化」はするんだろうと個人的に思っています。


 

この幻肢痛にしても、
事故や手術などから実に短期間で「出現」するらしい。

これを脳のなかで機能を司っている領域の「再配置」が
行われたからだと仮説をたてる学者先生がおられます。

なにかが「変化」するということではないでしょうか。

 

無い腕が「依然として存在する」、

しかもそこに「痛み」が感覚としてあらわれる。

 

感覚として幻肢が「動かせる」人の場合は、

感覚的にはなんでも「できる」そうです。


 

脳は不思議です。

 

実は、痛みや症状さえも

「固定」された絶対のものですらないのかもしれません。

 

脳は刺激を取り入れ、それを「合理的に解釈する」、

その結果、

「幻」を「在るもの」として認識することもある。


 

幻の腕に痛みを出せるのなら、

現存する腕の痛みをなくすこともできそう?

希望的観測ですが(苦笑)

 

脳からしたら、「絶対の」痛み・症状は

果たしてあるのでしょうか。

 

まだまだ脳はなぞだらけですね。


 

だからこそ、ご自身がいま抱えておられる症状に関しても、

一般常識だけに縛られず、

もっと広い視野で物事を捉えることで「良い変化」を起こす。

 

そんな可能性を引き寄せていきたいですね。

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

コメント
脳も筋肉も育つ♪

最近学びました(笑)・・

歳はとりたくないですが。。
  • 大原
  • 2017/05/24 6:06 AM
>大原さん、チャレンジし続ける限り老化はしないそうですよ♪
  • 山下@管理人
  • 2017/05/24 9:03 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM