それを見つめすぎない

  • 2017.02.18 Saturday
  • 14:36

山下です。

親が子どもを叩いてしまう。
虐待とまではいかないけれど・・・。


そういうことを赤裸々に書いた本を読みました。

書いている本人が叩いていたことをリアルに表現しているのです。

 

母性愛、母親の役割、精神的な未熟さ、自己中心的、そんな論など
吹き飛ばしてしまう勢いのある本でした。


そして、夫に・パパに、ぐさぐさと突き刺さってくる本でした。

突き刺さる、と思えなければ、

ますます母親を追い込みかねない危機感を抱かせる内容です。


最後の方で、著者が書かれています。


子どもを凝視せざるを得ない環境から少し脱却できたとき、


楽になった、と。

 

俗に言う「密室育児」ということです。

 

これはあらゆることに通用するのかもしれません。

なにかを凝視してしまうことから脱却できれば
楽になること、って他にもありそうな気がするのです。

悩みしかり、病気しかり、環境要因しかり、不幸しかり・・・。

 

いつだったか、「レモネード基金」のことを
とりあげたテレビをご覧になった方はおられますか?


小児ガンの子どもがまだ入院中の小児ガン患者とした約束


「ガンをやっつける薬を世界中で作っているんだから、

きっとガンをやっつけよう」


という話で、

先に退院した小児ガン患者の子どもが
レモネードスタンドを出してそのお金で
ガンをやっつける薬を作る足しにしてもらおうというストーリーで、
結局はそのお子さんも亡くなってしまうのですが。


それなども、

「自分はがん患者である」ということを凝視するのではなく、

広く他人にまで視野を広げているところが

主人公の明るさであったのかもしれません。


「子どもだから病気になっても単純な思考しかないんだ」

というのは簡単なんです。


でも複雑な社会に生きているんだ、ということを振りかざして、
子どもの足元にも及ばないレベルでしかない自分にショックを受けました。

 

家庭があるから、子どもにお金がかかるから、
資本主義社会に生きているから。

いくらでも理由はつけられるのですが・・・

でももっとまわりに目を向けることが
他人を助けることのみならず、
自分を追い詰めることから救い出してくれるのかもしれない。

そんなことを思った今日この頃

 

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

嫌なことも良いことの源

  • 2017.01.25 Wednesday
  • 22:51

 

山下です。

子どもの虫歯に悩まされています。

(いきなり何の話やら・・・)


なんで虫歯菌なんてものがあるんですかねー。

ある種の伝染病みたいに根絶してくれないかしら。。


でも、命に別状がないから、

きっと本腰入れては研究してくれないでしょうね。

 

でも、、、、虫歯の心配がいらなければ、

もっと糖尿病や心臓病などが

増えるのかもしれませんけどね(苦笑)

 

「虫歯になりたくなければ甘いものばっかり食べてちゃダメ」

って言われつづけて育つわけですから(爆)


そう考えると、

虫歯の心配は体のためにはいいのかな、なんて。。

 

そういえば、
昔は胎児を守るために有害物質を通さないと言われた胎盤も
けっこうスルーするそうです。

タバコやアルコール、薬、化学物質などに神経質になるのは

そのせいです。

 

ひ弱な胎児を守るために、

もっと胎盤にしっかりガードしてほしいと思いません?


でも、胎盤が「頼りない」おかげで、

妊娠中は、ひいては出産後も

母体を健全に保たざるを得なくなり、

結果的に「生まれてくる赤ん坊も母親も」

より健康に近い状態で育児ができるのかも・・・?


イヤナコトがすべてなくなれば、

イイコトばっかり起こるのか?


どうもそうではなさそうですね。

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

他人はあなたほどあなたのことを考えていない

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 22:48

 

山下です。

ある女性が、

「職場のストレスで髪の毛が薄くなった。

私の髪を返せと言ってやりたい」

そう咆えていました。


月に一回以上はあっている私には全然わからなかったのですが、

本人は

「毎日、自分の髪をみているんだから、はっきりとした事実だ」

と言います。

 

でも、考えるまでもなく、

「赤の他人」は、

本人が思うほどには人のことを考えてはいません。

覚えていもいませんし、思い出しさえもしません。

 

実は、私の髪の毛もどんどん薄くなってきました。。。


それに気づいているかどうかをくだんの女性に聞くと、

「昔と全然変わっていないですよ」と、

喜んで良いのかどうか迷うお答え(苦笑

 

悲しむべきことか喜ぶべきことか、

他人って、分かれた瞬間から次に会うまで

ほとんど思い出さないものなんだそうです。


これをお読みいただいている方の中にも、
私と会ったことがある人もいらっしゃることでしょう。

ですが、

今回このブログを目にするまでに、
間に一回でも私のことを思い浮かべて
くれた方が何人いるでしょう?


思い浮かべて私の頭のことを想像して

クスッと笑った人が何人いるでしょう?

皆無です、きっと(笑)


それくらい、みんな「自分」のことを考えているんです。

目の前にいない他人の外見のことなんかより・・・


だから、

他人の視線を気にしても仕方ないかもしれませんよね、、、

いえ、私が(爆

 

もっとも、中にはずっと他人のことを考えているよ、

憎い姑のこと、、、

なんていう方もおられるかも(汗


でも、そういうときって、

憎い姑や身勝手な夫や我儘な妻のことを考えながら、、、、

本当に考えているのは

「自分がいかに正しいか。正義はいかに自分にあるか」

ってことだったりしません?

 

誰もが、他人のことよりも

自分のことを考えている時間の方が圧倒的に長い。


相手が正しいと思うことよりも、

自分の方が正しいと考えてる時間の方が

圧倒的に長い。


少なくとも、私はそうです。

自信を持っていえます(笑


妻や親とわかりあえない。


本当にそう思うときもありますが、

こう考えたら「分かり合えない」という

前提からスタートしたらいいのかな?


なんて思う今日この頃です。

 

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

奇跡の人

  • 2017.01.22 Sunday
  • 19:54

山下です。

ある仏さんの話です。


むちゃくちゃにご利益を与えてくれるんだけど、

それだけに祀り方を間違えるとコワい、と流布されている仏さん。

 

そんな仏さんがどんな風にご利益を与えてくれるかというと、、


すべて、「人」を介して、なんだとか。

 

お金が欲しいっ。


歩いていたら目の前に1000万入ったアタッシュケースが落ちていて

、、、、じゃなくて(汗

 

知り合いが「こんな仕事を、今度いっしょにやらない?」

と言ってくるみたいな。

 

または、

病気を治したいっ。


夢に仏さんが現れて「お前の病はすでに治ったぞよ」、、、

じゃなくて(爆

 

知り合いが「こんないい先生がどこそこにいるらしいよ」

と教えてくれるみたいな。

 

この仏さんに限ってはどんな無茶な願いも、
もうそれは絶対にかなえてくれるらしいんだけど。

必ず人を通して、願いがかなっていく、ということらしい。


奇跡がポトンと棚から落ちてくるのではなく、
人がポトンと落としていってくれる。

そのためには人の話に素直に耳を傾けることが必要みたい(苦笑
(素直に聞けば「うまい話」かどうかもわかるというもの)

 

もしかしたら、私たちが普段うっとうしく感じているあの人が、

奇跡を運んでくれる人なのかも。


ね、

誰が仏さんのお使いかわからないんだから(笑

まずは、素直に耳を傾けてみましょうか。

 

 

 


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

3つのこと

  • 2016.06.09 Thursday
  • 18:32
 
「自信」を付けていくことがとても大切になるのですが、

そのためには、以下の3つだけを、心がけていれば大丈でです。


1つ目は、目の前の「小さきことを大切にする」ということ。

2つ目は、目の前の「小さきことを丁寧にする」ということ。

3つ目は、感謝の心を思い出すということ。



この3つを、日々心がけて継続し、積み重ねるだけ
自信は漲って大丈夫になります。

「小さきこと」と書きましたが、
大きな成果や結果、目標は見なくても大丈夫だということです。

それよりも、目の前の事を大切に、丁寧にこなす
ということ。

それは、歯を磨いているならば、
ちゃんと歯磨きに意識を向けて、
ちゃんと歯を磨いている自分を見つめて
最後まで歯を磨くということです。

え??

って思いますよね。

だけど、思い出してみてください。

歯を磨きながら、気持ちはいつも、
他のこと考えていませんか?

この「〜しながら」という状態に
多くの人がはまり、自分を見失って
今を生きていないのです。

いつも何かをしながら、
何かに追われながら、
気持ちはどっかに飛んで、
ほとんど目の前の事を無意識に
こなしていってしまっているのです。

これが、目の前の事を雑に扱っている根源です。

遠くの成果ばかりを見て、
目の前の足もとをおろそこにしているから、
いつも先に続く道は険しくなるしかないんです。

それよりも、1つ1つ、
ちゃんと目の前のことを丁寧にするだけで、
足もとは整い、地盤は固まり、大丈夫が築き上げられる
というわけなのです。

小さな事をコツコツと積み重ねるだけで、
結果的な大を成していくようにできています。

それを、こうした症状を通して
「教えられている」んです。

耳鳴りがこの大切なことを教えてくれているんですよ。


天王寺ビル


■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

 

不眠、耳鳴り、対処法、根本改善

  • 2016.05.11 Wednesday
  • 16:54

1つに、ケースバイケースというのを覚えておいてください。

「こうでなければ」は、ありません。

「こうした方がいい」も、ありません。


その時々の真の感覚を受け取れることが大切なのですが、
現代人の多くは情報に振り回され、情報に洗脳されるばかりで、
自分自身の感覚にフタをして、感覚を退化させてしまっているのが
現代人が抱える本当の病なのかもしれません。

周りの情報や価値観に傾きすぎるのではなく、
自分自身のリアルな感覚を忘れないようにしていきましょう。


耳鳴りのせいで眠れないのではなく、
根本的な部分で今は不安定だから、
耳鳴りにもなるし、不眠にもなっているわけです。

風邪を引いたとき、
熱だけ上がるわけではなく、
咳も出るし気だるくもなるのと同じです。

根本的に今は落ち込んでいる時期だからこそ、
色んな事が気になるし、眠れないしという状態に、
全部が同時進行でつながっているわけです。


なので、耳鳴りのせいであれもこれもと
耳鳴りのせいにしていると、
耳鳴りさえよくなれば自分は元気になれると
錯覚してしまいます。

その囚われの悪循環からは
なかなか抜け出しにくかったりします。



症状は「結果」です。


結果ということは、
それまでのプロセスがあってこそです。


だから、プロセスを見つめ直すことが求められるわけです。

結果を見て、結果を変えようとしても
モグラ叩きと同じなんです。


日々の過ごし方、考え方、捉え方、在り方というプロセスがあって
自分自身の時間軸を形成していっています。

その流れの結果として「症状」がいま出て来ているわけです。


つまり、流れに「歪み」があるから、
症状につながってくる。


症状は、それを「教えてくれている」存在でもあるわけです。

日々の過ごし方、考え方、捉え方、在り方が
バランス悪いよ、偏っているよと教えてくれているわけです。


ですから、症状を見て、
いかにして症状を鎮めるかという考え方では、
症状のために生きているようなものですから、
なんにも変わらないんです。

問題は姿形を変えながら
繰り返すばかりとなるわけです。


大切なことはそうではなくて、
症状のお知らせに気づいたならば、
日々の過ごし方、考え方、捉え方、在り方を見直す。

ただそれだけに集中をシフトさせているだけで、
流れは自然と変わり、結果も変わっていくわけです。


不眠も、普段の日常の結果、寝付きが悪い自分を
作っちゃっているわけです。

ということは、眠れないときに何かをすることは単なる対処法です。

普段の生活の流れが根本から変わってきてこそ、
少しずつ夜の時間にもリラックスできる自分が
生まれて来るようになるわけなのです。


音楽を聴いて誤魔化すことが悪いわけではありません。

どうしてもそれをしないと落ち着かないのであれば、
対処法として音楽を活用するのもありです。
それがケースバイケースです。

ただ、その対処法だけに頼りきって、
先ほどのプロセスの見直しをやらないでいたら、
何にも変わらないということです。

対処法で少しでも楽にしながら、
見直すべき所はちゃんと見直す作業、取り組みができて初めて
根本から流れは変わってくるということなのです。

 

言われるうちが華。命の華とは

  • 2016.04.18 Monday
  • 08:36

症状ってお知らせみたいなものなんです。

それ自体が悪いものというよりも、
症状を通して、いまの自分自身の在り方に
気づきを得て欲しいと出て来ているんだと考えています。


症状は、出て来た時点で、すでに「結果」なんです。


それ自体をどうにかしようとしても、
現象としてそれが現れるまでに至った経緯があるわけです。


だけど、出て来てからみんな慌てますよね。


本当は、症状が出る前にも、
色んなメッセージや信号があるんですが、
気づかなかったり見て見ぬフリしていたり、
そういう積み重ねが結果的に、
もっとちゃんと現象として現れる症状に代わっていたりします。


ですから、
なんにも無かったのに突然起きた、
ということはあり得ないんです。

物事は原因と結果です。
種があって、芽が出て根を張り、
茎が伸びて枝や葉が生えて
そして花が開いて実がなります。
(桜は葉の前に花ですけどね)

こうして必ず、必要な順序の元
現象は起きてきます。


自然治癒で治したい、
この症状を回復させたい、
という声をよく頂きます。


でも、上記に上げたような捉え方になると、
そもそも、症状というのは自然治癒力の賜である
ということがわかってくると思います。

風邪にやられて熱や鼻水が出るのも、
自然治癒の免疫がちゃんと働いているからこそ。

逆に自然治癒力が低下している高齢者の方は
風邪症状が出ないまま肺炎で亡くなりますよね。

花粉症も、高齢になると出にくくなります。
自然治癒力が働かないから。免疫が反応しないから。


「言われるうちが華」という言葉があります。


症状として出してくれているうちが
命の華がちゃんと咲いている証拠。

心身の原理原則をちゃんと理解していたら
こういう目線もわかってくるようになったりします。


いま、なんとかしたいと思う症状があるならば、
変えなきゃいけない自分自身の在り方、過ごし方、考え方が
あるということを示していたりします。


周りの情報に左右されることから、
自分自身の感覚を研ぎ澄ませて、リアルに感じられる様になること。
それが求められているのかも知れません。
 

板に付く

  • 2016.03.23 Wednesday
  • 22:16
山下です。いつも有り難う御座います。


苦しいことやつらいことに対して、
人間は、すぐに忘れる生き物ですからね。


今のつらい状況が一瞬で楽になれたら、
今までのことを忘れて、
またすぐに無理なことに突っ走ってしまうものです。

症状というのは、
そんな自分自身に「大切なこと忘れるなよ」と
教えてくれていたりします。


なので、何度も何度も繰り返すように
症状として教えてくれたりします。

そうして、たとえ良くなっても、
大切なことを忘れないことが板について初めて、
真の健康とは何かを体得できたりします。


なので、症状に一喜一憂している段階では、
まだまだそのあたりの理解が心身に染みこんでいない
からなのかもしれませんよ。


逆に、
その理解を染みこませ、板に付いてきたら
否が応でも楽になるということでもありますね。







■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/



ゆとり

  • 2016.03.03 Thursday
  • 09:23

症状ですが、

「ゆとり」が大切です。


自分の中にコップがあるとイメージしてください。


このコップの中に、日々のストレスや疲れなどを
溜め込んでいきます。

コップの中にそういった水が溜まると、
だんだん一杯一杯の自分が出て来ます。


コップの水もすり切り一杯になると、
ちょっとしたことでも、水は溢れでるようになります。



この溢れた状態が「症状」です。



あれがいけない、これがいけない、
というよりも、こうしたゆとりの無い状態が
どんなことにでも症状につながるキッカケになるわけです。


もちろん、気圧で人は影響を受けます。


だけど、それが原因することってほとんど無いです。



本来は、コップにゆとりがあれば、
多少のことは吸収して対応しているわけです。

飛行機に乗ったり、騒がしいところに行ったり、
そういった環境の変化の刺激も、本来であれば
臨機応変に対応して吸収してしまうんです。


だけど、常にすり切り一杯な自分の内側があるとしたら、
何をしても刺激となって、どんなキッカケであれ、
溢れ出てしまうタイミングはつきまとうわけなのです。



そこに来て、治療治療!治さなくては治さなくては!で、
また治療に頑張れば、それ自体がコップに溜め込む行為に
つながることも度々出て来ます。



大切なことは、心身共に「ゆとり」を作ることなんです。



作る、というか、
削いでいく、剥がしていく、降ろしていく、
手放していく感じでしょうか。


肉体的なゆとりだけでなく、
考え方も大きく影響してきます。

考え方に、あれこれ分別心ばかりが先行していると、
ゆとりは生まれませんからね。


症状が良くなるのは、
そういったゆとりの隙間で回復していきます。


それを一度、見直してみることをお勧め致しますよ。






■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/





ゆとり

  • 2015.11.30 Monday
  • 21:52
 
忙しない!!

な、山下です。


大切なことは、
「問題はバラバラではない」ということです。
本質は同じです。

耳の症状も、メマイも不安も不眠も、肩こりも腰痛も・・・
本質は同じものです。

なので、
それぞれの症状をどう治すかと
バラバラに捉えて、
個別に問題解決に取り組もうとするのではなく、

「心のゆとり」「体のゆとり」

まずは、心身にゆとりを持たせた
生活の過ごし方、人間関係の在り方、物事の捉え方。


これらにゆとりを持たせた感覚で
向き合っていくことが大切なのです。


生活の過ごし方で言うと、
あれしなきゃ、これしなきゃで
時間に追われた生活になっていないか。

「まっ、いっか」を忘れて、
何でも自分で抱え込んで頑張り過ぎていないか。

こうした見直しが、
「ゆとり」を生んで、体をラクにしていってくれます。


人間関係の在り方で言うと、
誰にでもいい顔するが余り、自分らしさを失っていないか。
言いたいことを内に溜め込むばかりで、
吐き出す場所や時間を失っていないか。

相手を責めるばかりで、自分自身を見失っていないか。など。

人間関係でも、ゆとりを無くす習慣はたくさんあります。



物事の捉え方で言うと、
世間の情報に振り回されるばかりで、自分の感覚を忘れていないか。
何かにつけて否定的に捉えるばかりで、素直な心を忘れていないか。

自分の努力を誇示するばかりで、
その背景にある「御陰様」と「感謝」を忘れていないか。

などなど。


自分自身の背景に着目して、
こういった「歪み」に気づいて行くことがまずは大切になるわけです。

ゆとりが生まれれば、
自然と回復する隙間も生まれやすくなりますからね。



※ふらっと見つけて立ち寄ったお店
雑貨店 animo (阿倍野・昭和町)
URL ameblo.jp/azukimame0/







■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM