良くなるのでしょうか?

  • 2015.07.25 Saturday
  • 18:37
もちろん、良くなりますよ。

だけど、
そのためには、良くなるためには、
良くなる道に向かって歩み続けるかどうかですからね。

例えば、
自転車に乗る練習をしながら、
私は乗れるようになるのでしょうか?と聞かれても、
練習を続ければ乗れるようになるし、やめればそれまでだし。。。

できるまでやるのが道だし、
それを決めるのは自分自身だということを忘れないで下さいね。


損しないように得しようとか、
傷付かないように幸せになろうとか、
失敗しないように成功しようとか、、


まぁ、
普通は自然とそう思ってしまうかもしれません。


だけど、
そればかりに思いを傾けすぎていると、
何にも得られなかったりするのが原理原則だったりします。


物事は表裏一体。

光と影が1つとなって、世界があるわけです。


一方を避けるということは、
実は、もう一方も逃げていくということなんですね。

病気を避ければ避けるほど、
健康も逃げていくというわけです。

失敗を避ければ避けるほどに
チャンスも無くなっちゃって、成功を逃すというわけです。


「 損して得とれ 」っていう言葉が昔からありますよね。


昔の人は、ほんと凄い言葉を考えつくもんですよね。






■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/



小競り合い

  • 2015.05.14 Thursday
  • 17:29
終電に間に合いそうになくて
お店で寝泊まりした山下です。


さかなクンが「イジメ」に関して
発言している話しを友達から聞きました。


大海原で生きる小魚たちは、
海の中では群れを成してチカラを合わせて生きているそうです。

群泳って言いますよね。

スイミーという絵本にあるように、
小さな魚同士で群れることで、
大きな存在に見せて身を守っているわけです。


ところがです。


その小魚たちを、
狭い水槽に入れたらどうなるか?


小魚同士で小競り合いが始まるそうです。

一部のいじめっ子な小魚と
いじめられっ子の小魚が出てくるそうです。


そこで、その水槽の中から、
いじめっ子の小魚だけを他にやるとどうなるか?


どうなると思います?


平和になると思いますか?


ところがどっこい、
いじめっ子がいなくなっても、
またその中からいじめっ子が出て来て
小競り合いが始まるそうな。


な、なんとも。。。(苦笑)


だけど、そんな小魚たちも、
また大海原に戻すと、
再び群泳をつくってみんなチカラを合わせるようになるんだとか。


な、なんとも。。。(苦笑)


もし、イジメの問題にぶつかっているならば、
それはもしかしたら、小さな小さな世界観の中にいて
周りが見えなくなっているのかもしれない。


さかなクンは、
いじめられっ子の友達とボケーっと海を見ながら
一緒に釣りをして、ただ共に時間を過ごしているだけで、
色んな問題も他愛もないことのように、幸せな笑顔になれたそうです。


この話しはイジメに関してのお話しでしたが、
僕はこういうのを聞くと、
ほんと色んな事にも通じるよなーって思います。

職場もそうだし、家庭内もそう。

友達関係や金銭的な悩み事。

色んなところで囚われて、
色んなところで敵を作ってしまっていたり。。。

あっ、そうそう、

耳鳴りを目の敵にしていたり、ね(笑)



何かに悩むときって、
世界観が狭くなっているときでもあるので、
こういうお話しやヒントを素直に受け取って、
客観的に見られるようにしていきたいですね♪









■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

一筋の光が!

  • 2014.10.10 Friday
  • 22:36
いつも有り難う御座います。

隔日ペースで4回にわたって
坂之上さんの手記をご紹介しています。


第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら

本日は、第4回。
最終回です。




『 一筋の光が! 』


耳鳴り専門治療家、
山下先生との出会いがなければ、今の自分は無かったも知れません。

山下先生とのメールのやり取りは、何百回は超えていたと思います。

とにかく、辛い、どうしていいのか?
自分をコントロールができないとすぐにメールでどうしたらいいのか?
どうすれば楽になれるるか?

もう、必死でメールをしていました。

私が救われたのは、メールを送ったら、必ず返ってきたことなのです。

実は、このメールですが、
山下先生は善意で私に付き合って頂いていたのです。

通常は考えられない事ですよね。

わけの分からない人間に、無償でメールを送って頂いていたのですから。

メールの内容は

山下先生が書かれた耳鳴りが教えてくれたことの本の中の内容からです。

実は、この小雑誌が私を救ってくれたのです。

この本は何百回読み返したことか、
本当に毎日毎日、読み返し自分に言い聞かせて、実行し、

また、崩れ先生にメールをし、
また、勇気を頂き、また、実行しの連続でした。


先生とのメールは一年半は続いていたと思います。

本当に小さな体験の積み重ねが自信となり、
大丈夫、怖くはない、大丈夫

そして、また、体験をし、自信をつけ、
今では、100%ではないですが、自信も付いてきました。

しかし、今でも時々恐怖に襲われることもありますが、
その時は、新鮮な空気を思いっきり吸って深呼吸をすると、落ち着いつきます。


また、体験の中で東山先生、ヨガの先生にも、いっぱい助けて頂きました。


変な洗脳され電磁波で一歩も前に進めず、
呼吸が苦しく、狂いそうになった時、東山先生が直ぐに来なさいと
言って頂き、私の為に時間を割いて頂き助けて頂いたこともありました。

本当にここまで来れたのも、
多くの方々に助けて頂き、また、見守って頂いたお陰様です。

そして、一番励みになったのは、
社員の顔を見ることでしたし、話すことでした。

社員には本当に感謝していますし、
また、これからは恩返しもしていかなければなりません。

その励みがまた、力となり、勇気と自信になり、
以前の自分を少しづつ取り戻せるのではないかと信じています。


まだまだ、押しつぶされそうになることもありますが、
まだ生きていることは事実。

だったら、これからもきっと生き続けて行くことでしょう。


まだまだ、書き尽くせない事もいっぱいありますが、
耳鳴りで悩んでおられる方、
また、色々な事で悩んで居られる方がおられましたら、
少しづつでいいから、一歩一歩前に進み、自分を信じ、
そして、何でもいいから、挑戦し自分に自信をつけてください。

歩く事でもいいしね。但し、続けることです。

最後に、何でもいいから、
笑顔で、毎日鏡を見て笑顔、笑顔、笑顔でいたら楽しくなるみたい^_^^_^^_^


株式会社ビームズ 代表取締役会長 坂之上一彦
ビームズヘアー:http://www.bee-ms.com/






山下です。

上の画像は坂之上さんにお渡しした小冊子です。

こ、こんなにボロボロになるまで。。。

久しぶりに当院にお越し頂いて、
この小冊子を見せられたとき、胸の内側が震えました。

思わず新しいの、渡しました(笑)


坂之上さんの手記の第1回のタイトルは覚えているでしょうか。

「固定概念を外す」

でしたよね。

人は、ほぼこの固定観念に守られて生きています。
僕も例外なく。

だけど、時に、その固定観念も
自分を苦しめてしまう方に追いやってしまうこともあるみたいです。

そんなときは、全く別の、新しい視点が必要なときがあります。


だけど、新しい視点は、慣れていない分だけ、
非常に見落としやすいんですね。

古い価値観で占領されているので、
なかなか切り替わりにくい。

だから、多くの方は、こんなになるまで読まないです。

1回読んで、「知った」だけで終わる場合が大半なんですね。
そして再び古い価値観に覆い尽くされてします。

それをあえて、2回、3回と積み重ねて行くと、
少しずつ、読んでいるようで読めていなかった箇所が。

わかっているようで、わかっていなかった事に
気づくことがあるんですね。

そうやって、少しずつ新しい視点に馴染んでいって
時間と共に切り替わっていくんですね。


だから、1度見て知ったら、もう分かった気になるのは、
それこそ固定観念だったりするわけです。


なので、

「わかっていると思っていたけれど、
 もしかしたら見落としていることもあるのかもしれない」

とか、

「まだまだ気づけていないところがあるのかもしれない」

といった、そんな謙虚な姿勢が、
新たなヒントを拾えるチャンスに恵まれるのだと思うのです。


僕がお伝えしていることが絶対です、なんて言いたいのではありません。


自分が思っている以上に、
見えていないことって沢山あるみたいですよ、
ということをお伝えしているんです。


一瞬にして人生が変わってしまう

  • 2014.10.08 Wednesday
  • 16:03
いつも有り難う御座います。

隔日ペースで4回にわたって
坂之上さんの手記をご紹介しています。

第1回はこちら
第2回はこちら

本日は、第3回です。



『 一瞬にして人生が変わってしまう 』


医者のこの耳鳴りは治らないの一言が私の人生を
変えてしまったのです。

行きはよいよい帰りは怖いじゃないけど、

行きは大学病院だから安心して行ったのに、帰りは地獄でした。

もう、かなり精神的にショックで、
耳鳴りの音は一瞬でビックリするくらい大きくなってまうは、
恐怖感で何も出来ず、

その日を境に、
仕事も何も出来ないと言うより、
耳鳴りの恐怖感に怯える日々の戦いが始まったのです。

ちょうど二ヶ月前に、
勘三郎が突発性難聴と耳鳴りで緊急入院と言うニュースが流れていた事があり、
その後の経過をテレビで徐々に回復に向かっていると発表、
直ぐにネットで検索して、
どこの病院に入院しているのか調べましたが、
勘三郎の病気の事ばかりで、どこの病院なのかは、書いてなかったです。

しかし、勘三郎が回復したのだから、その病院に行けば俺も治るかも?

結果、病院名はわからなったです。

3日後に

友人が好意にしている岐阜で有名な医者がいるから、
直ぐ紹介するから行ってきたらと言われ、
わらおもすがる思いで行きましたが、
結果は、漢方薬のはなしとかで終わってしまい、
やはり、本当に耳鳴りは治らないんだー、、、と、

何か、更に治らない自信?

期待して行ったから、更にショックが大きく、
本当に、気が狂いそうになるくらいでした。

だったら、
勘三郎の病院をなんとしても見つけたい一心で、
友人に現状を話し、
とにかく見つけてくれって頼んだら、
二日後に担当医師の名前もわかりましたと連絡が入り、ビックリ。

どうやら、
友人の知り合いに勘三郎がいたらしく、
その方に聞いてくれたみたいでした。

その後ネットで耳鳴りを検索していたら、耳鳴りは良くなる?
医者に行かなければ、治る確率は高いとか?

何?
医者に行かなければ?
もう行ってしまったよー!

調べていたら、
大阪にある耳鳴り専門治療院を見つけて、
内容を読んでいたら、何か怪しい文章で誘導し、
最後にこのDVDを、、、

ほとんどが、何か怪しげな?
嘘っぽい?

しかし、
勇気を出して大阪の治療院にメールをし、
予約を入れて行った先の山下先生との出会いが、、、!


★続きの第4回はこちら


※初めての人にはよく胡散臭いと言われますが、
 これからは、「山下さんはミステリアスですね」と言って下さい(山下)
 失礼しちゃうわっ





(株式会社 ビームズ 代表取締役会長 坂之上一彦)
 ビームズヘアー:http://www.bee-ms.com/



どん底からの回復

  • 2014.10.06 Monday
  • 08:36
いつも有り難う御座います。

隔日ペースで4回にわたって
坂之上さんの手記をご紹介しています。

第1回はこちら

本日は、第2回です。


『 どん底からの回復 』

3年半前、
ある日突然に耳の中でジャージャーと
耳から音がしていることに気がつきました。

なんだろう?

気になりだしたら、人間って意識が音に集中するんです。

集中すればするほど音が大きく聞こえるから、
直ぐに耳鼻科に行ったら、薬を渡され、
じゃこの薬飲めば治るのかと思い数日飲み続けましたが変化が無いもので、
大学病院に行き診察してもらった結果、
この先生の一言でどん底まで落とされてしまったのです。


その一言、

耳鳴りは治らないから、気にしないようにするしかない?


これは医者が言う言葉ではないです。


例え治らないと思っていても、
患者には安心させる言葉を言うべきなのが、
不安を与える言葉を平気で発言してしまう医者がいるのです。


その一言で、ええーこの音消えないの?
一生鳴っているの?

と思った瞬間、

耳鳴りの音がジャーから、キーンに変化、
音も何十倍と大きくなってしまったのです。


がんの患者に治らないから、
諦めるしか仕方が無いと同じような事です。

基本は、安心と自信なのです。

医者が大丈夫、笑顔で治るから大丈夫、
気にしなくていいから安心してくださいの医者からの一言が
精神を安定させ、良かったー良かったー、、大丈夫なんや、
この自信が病気に唯一勝てる薬なのです。


自信って、大切ですね。


★続きの第3回はこちら


(株式会社 ビームズ 代表取締役会長 坂之上一彦)
 ビームズヘアー:http://www.bee-ms.com/


固定概念を外す

  • 2014.10.04 Saturday
  • 09:05
いつも有り難う御座います。

さみしがり屋のジョニー山下です。


そう言えば、
今回の群発頭痛は、だいぶ鎮まりました。

忘れた頃に、落ち着いているものなんですね。

まぁ、忘れた頃にやって来るものでもありますが(笑)

今回の群発時期もかなり学びがあって、
だいぶいい勉強になりました♪



さてさて、

本日から、隔日ペースで、
坂之上さんの手記をご紹介したいと思います。


坂之上さんは、名古屋・岐阜に美容院をはじめ
ネイルやフェイシャルなどのトータルビューティーサロンを展開する
ビームズグループの会長さんでもあります。

http://www.bee-ms.com/


坂之上さんの身に起こった突然の耳鳴り。

その苦悩の日々から、現在の境地に至るまでの
切実なる手記がフェイスブックで紹介されていたので、
お願いして、こちらのブログの方にも転載させて頂けることになりました。

是非、お悩みの方は今後の参考にお読み頂ければと思います。



『 固定概念を外す 』

私も固定概念を取り去るのに三年間かかりました。

地獄でしたねー!

パニック症候群になったり、
人前で、怖くて話せなくなったり、
よからぬことばかり考え出したり、

携帯電話の電磁波が耳を悪くするとか、
ドライラーの音は耳鳴りを大きくするから聞きたくないとか、

テレビは電磁波が強いし身体に悪いから観たくないとか、
車に乗ると耳鳴りが大きくなるから乗りたくないとか、

ドンドン自分を追い込んでいき、住まいもTV局の前だし、
電磁波も強いから住まいも変えたいとか、

ここまで来たら重症です。


しかし、一つ一つ潰して行きました。


潰し方は勇気を持つこと。


例えば、
ドライヤーの音が怖い、だから聞きたくないじゃなく、
思いっ切り耳元にドライヤーを当て一番強い風量にして、
鳴るならなってみろー、、、ちっとも怖くもないわー
と言いながら音と戦うのです。

そうすると、
ドライヤーの音で耳鳴りが大きく鳴るのではなく、
自分の恐怖感が音を大きくしていたことに気がつくんですよね。

勿論、勇気はいります。

やはり、勇気なんです。

限界を怖がらずに超えた時に自信がつき、
なーんだ、ドライヤーじゃないんだー、
自分の意識が耳鳴りを大きくしているだけで、
ドライヤージャーないんだー、、

今度は、怖くない固定概念を持ってしまうと、ドライヤーの音は克服できます。

本当に固定概念は恐ろしい。

何事も勇気を出して、
一歩前に出る、そして、自信を持つ事です。

小さな自信でも構いません。

腹筋が10回できたとかね^_^

小さな自信体験の積み重ねが、
悪い固定概念を必ず潰して行くことでしょう。

私は、小さな体験の積み重ねで、なんとか克服しました。

(9月30日 14:17 坂之上一彦)


★続きの第2回はこちら




※今月もお客様よりパソコン用の壁紙を頂きました。
 秋田の抱返り渓谷。う〜ん♪まばゆいばかりのブルーがたまりません♪




■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/


治ってたんかいっ(爆)

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 03:28
いつも有り難う御座います。

群発頭痛が再発している山下です。

こうゆうときは、自分を人体実験できるから
またとないチャンスですね。。。。


はい。強がりを言いました。。。

ホントは泣きそうに痛いです(苦笑)


痛みで気絶しそうになります。

痛みで夜中に毎回起こされます。


だけど、
毎回、新しい気づきが得られます。

今回の波は、すぐに治まりそうです。

そうやって、次第に終焉していくんでしょうね。



さてさて、

うちに1年半通い続けて下さっている方の話しです。

月にだいたい1〜2回のペースです。


耳鳴りと聴覚過敏が物凄くて、
本当に苦しくて、つらそうです。

当初、お越し頂いたときから
10キロ以上痩せたみたいです。


毎回、必ず涙されます。


僕は初め、その方を見て、
とてもとても「強い」という印象を抱きました。

岩のように固く、頑固で屈強な精神をしていらっしゃるなぁ、と。

本人からしたら、
「なんでよ!こんなに苦しくてボロボロな私は、弱いとしか・・・」
と、僕のイメージには納得できなかったみたいです。


だけど、そんなになるまで自分で抱え込んで
よくそこまで耐えてきたもんだとしか、言いようのない感じだったんですね。

うちに来られて、最初のうちは本当に

「こんなんで良くなるのでしょうか」

「先生の言われていること。自分を信じていけば良くなるんですよね?」

そんな疑問と不安だらけで、
ずっとずっと、毎回、「つらいつらい」ということしか
見えていなかったと思います。


だけど、それでも僕は、こうして吐き出して
自分の気持ちを出して、硬い岩は少しずつ少しずつ溶解して行っていると
見守っていました。


そして、少しずつ、何が問題なのかを考える機会も出て来たりして、
1つに親子関係がテーマになっていたりしました。

通院を重ねるごとに、
日々の暮らしや、親子のトラブルなどをお聞きし、
その都度、じっくりと自分の思い、相手の思いを見つめる作業の繰り返し。


そうこうしているうちに、
最近、僕はあることに気づいたんです。

そう言えば、親子の悩みばかり毎回聞いているけれど、
耳のこと、あんまり言わなくなったなあ。。


それで聞いてみたんです。

○○さん、ところで耳の調子はどうなんですか?


「そうですね。あのときはガンガン響いてつらかったです」
「酷くなると、寝ても覚めても落ち着くことが出来なくて・・・」

そうでしたねぇ。

だけど、僕が聞いてるのは、いま現在でどうなんですか?
ということです。


「まぁ、たまにフワッとするときもありますけど、
 買い物もいけてますし・・・」


へ?

んん??

それって、今はもう、カラダ的には、普通ってことですか?


「はい。」


え!?


別に、どこも悪くないってことですか?


「はい。」


ほへ??

耳も回復して、元気なんですね?


「はい。」


おっ!

じゃあ、あれだけ苦しかった耳も、
今では自信も付いて、大丈夫って思えるようになっていると?


「はい。」


今の悩み、苦しみは、親子関係。
その親子関係も、耳の時と本質は同じで、
今は悶々と苦しいけれど、そうやって向き合いながら
いずれ関係の改善も成し得ると感じていますか?


「はい。耳と同じように、本当にそう思えます」


はぁぁぁぁ・・・・


よくここまで頑張りましたねぇ。。



「はい。。。涙」




※毎回月初めにお客様が送って下さる壁紙画像
 今月はみなとみらいの花火♪




■突発性難聴・メニエール病・耳の閉塞感のお悩みに

 耳鳴りを根本から克服する方法
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/


生きやすく生きる

  • 2014.07.11 Friday
  • 09:57
いつも有り難う御座います。

「さう男」な山下です(笑)

さう男ってなに??

知りたい人は → こちら



さてさて、病院に行って、
先生の診断によって深い深い心の傷を負う方は少なくありません。

ネットの情報によって洗脳されてしまう方も少なくありません。


「この耳は48時間以内に治療しなくちゃ治らないよ」
「2週間以内に治療しなきゃ、一生残る」

そんな人を不安に陥れるような情報が一杯流れています。

先生も、そうやって患者さんを突き落とそうとします。


そんなこと聞かされた人は、たまったもんじゃないですよね。


いいですか。

そんなの全くのウソですから。

ほとんど根拠ありませんから。


あなたは不安だから、
悲観に陥っている人の意見に流されやすいのですが、
実際には、「知らん間に治ってた」って人が一杯いるんです。

ほとんど記憶にないくらい、
「なんか耳がおかしかった時期があったなぁ。けど、もう治った」
って人もいっぱいいるんです。


病院に行かなくて、いつの間にか治ってる人、
いっぱいいるんです。

病院を転々としたり、ネットで情報収集しまくるあまり、
一部の人は、囚われてしまって、余計に深みにはまっていたりします。


暗示、洗脳、刷り込み、思い込み・・・

初体験は真っ白な画用紙です。

そこに、濃いぃペンで、ザザッと殴り書きされたら
否が応でも目に尽きますね。

そのメッセージが「あなた治らないよ」
なんていう一言だったとしたら、
世界は真っ暗になっても仕方ありません。


世の中には、なぜそんな人を不安に陥れるようなことばかり
伝える人がいるんですかね。

僕にもよくわかりません。


そういう不安な情報に出会った時は、
あまり取り合わないことが自分自身の心身にとっても懸命です。


定期的にお医者さんは、
聴力検査に来させようとしますが、
聴力が上がろうが、下がろうが、
本当は何も対応のしようが無いのが現実だったりします。


ならば、むやみに検査ばかりして
自分を病を抱える人間かのようなレッテルを貼り付ける行為自体
自己暗示になってしまいますよね。


お医者さんは、「原因不明です」っていいます。
どのみち、医学では対応出来ないものだということです。


だからこそ、医学的じゃない視点でもって
自分を見つめて行くことも大切なんですよ、
ということを僕は繰り返しお伝えしているだけです。


今はとても受け入れられることではないかも知れませんが、
「耳が回復する」ことだけが、到達地点ではありません。

耳が回復する・しないに関わらず、
本当は「生きやすく」なることが、
いま求められていることであったりします。


ですから、「生きやすさ」の歯車が噛み合っていない人は、
耳が回復しようとも、悩みは晴れず、常に悩みが続きます。

逆に、肩の力を抜いて、
自分らしく生きやすさを実践できている人は、
耳がどのような状態であろうとも、
楽に、楽しく、幸せに過ごせるようになります。


究極のところ、人は「幸せに生きたい」というところに
本能的な部分があります。

その幸せを、何かの条件で満たそうとすると、
常に比較と劣等感に苛まれて楽になれません。


耳に限らず、こうした身体的なトラブルは、
私たちに、その本質を教えてくれている大切な大切な
メッセージでもあります。

ですから、症状を否定せず、
症状を通して意味を汲み取ろうとする態度こそが、
可能性を広げてくれますので、

是非とも、広い目線で見つめて頂ければと思います。


※遠路はるばる長野からのお越しのお客様にお土産を頂きました♪
 コーヒーパウダーがめっちゅウマイ!!




■耳鳴りや聴覚過敏を根本から克服したいかたはこちら
 http://www.miminari-web.net/dvd/mimi.php



■大阪の耳鳴り・聴覚過敏専門
 直接の施術・カウンセリングをご希望の方はこちら
 http://miminari.osaka.jp/

あの時を振り返る

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 21:51
いつも有り難う御座います。

キカイダー山下です。


いやぁ〜

前回の耳鳴り克服セミナーのお知らせ以来の
更新になってしまいました。



本っ当に、いろんなことがあって、
とっても内容の濃い2日間だっただけに、
ブログでその後をお知らせしたくても
何から書けばよいのか全くわからなくなり、
今日に至りました。



とりあえず、ひとことで言って、

「ありがとうございました!!!」

という気持ちしかありません。


なんと言いますか、

僕じゃないんです。


僕がなんとかしたんじゃなくて、
来て下さった方、お一人お一人が、
自分の全てでここまでたどり着いてきた。

そんな方達の集まりだったのだと、
そう感じずにはいられません。




どんな感じだったのかは、
僕はしゃべる側なので、
まったく覚えていません。

ただ皆さんの温かいエネルギーに
プカプカと浸っていただけな感じがします。

ですから、セミナーに関しては、
一緒に付いて来て下さって、お手伝いをしてくれた梅田先生が
その模様をアップしてくださっています。

ぜひ、以下のページをご覧下さい。

耳鳴り克服セミナーの模様
https://www.facebook.com/kunio.umeda/posts/594238167342085



さてさて、
セミナーで全力を使い果たした我々は、
夜は豪勢にステーキをば頂きました。

う〜ん♪いい香り♪


おぉ〜♪
写真を見てるだけでジュージュー聞こえて来そうですね♪


ワインで乾杯♪

ちょっと疲れが顔に出てます。
右目と左目が変な感じ(笑)



うんうん。皆さんの恨み節が聞こえてきそうです。

「オメーら!人の苦しみを尻目に余裕かましやがってー!」

ほうほう。そうですか、そうですか。
いいんです、いいんです。

ちゃんとご褒美あげてますか?
自分自身に。


僕もね、こういうときには
誰がなんと言おうと、自分にご褒美をあげるんです。

ワガママでいいんです。


あっ、だけどね、
これで許してやってください。

夕食は、自分へのご褒美、次の日のエネルギー充電にと
思い切ったもんを食べました。

が、しかし!

泊まるホテルは!!!


こんなん(爆)


せまーーーっ!

扉あけたらコレですよ!?

なぬーー!って感じ(笑)

しかも、この画像には写ってないですが、
反対側の壁の、ちょうど枕と同じ位置に「鏡」があるんですよ(爆)

なんで横になった顔の所に鏡を置いてるのか意味がわからん!
そこからお化け出てきたらどうすんねんっ!


お風呂


ちっちゃーーー!!(笑)

横の便座があるから、余計に小ささがわかると思います(笑)

あんた、これ入る勇気ありますか?

僕は1階の大浴場で入りましたよ(それでも小さかったですけど、笑)


カツカツで経費捻出して
それなりにバランス良くやってるんです。

これで許してやってくださいな。

ね?(笑)



さて、次は福岡だーー!とか息巻いていたのですが、
新しい挑戦続きで、ちょっとガス欠を起こしております。

少し休憩させてください。


また復活したら、
どこなと出張して、どんどん世界を広げて行きたいと思います。


とにもかくにも、

ありがとうございました!!!!



※こちらはセミナーにご参加下さった方から頂いたプレゼント
 無添加ふりかけ♪あつあつご飯に美味しい〜♪♪







いいんでしょうか・・・

  • 2014.05.21 Wednesday
  • 16:01
いつも有り難う御座います。

ボク、脱いだら凄いんですの山下です。



実は・・・

実は実は・・・


以前から、
今度の24日(土)に
耳鳴り克服セミナーを開催するとお伝えしていましたが、

お申込み多数で、すぐに定員に達し、

改めて、翌日の25日(日)に、
追加セミナーを設けました。


あまり大きな会場を押さえられなかったわけではありますが、
そちらの追加セミナーも、皆さまに告知することなく、
キャンセル待ちをお申込みの方にすぐに手を上げて頂けて、
こちらも定員となりました。


というわけで、
24日(土)、25日(日)と2日続けて開催致します。

この模様は後日、こちらのブログでもアップしていきますね。


しかし、今回の耳鳴り克服セミナー、

まだ始まる前に、僕は非常に感動しています。


なぜならば、
セミナーにご参加頂く方の半数以上は、
すでに耳鳴りDVDを過去にご購入頂いた方なんです。


僕は最初、

「治らないやんけ!ボケー!!」と、
怒りに来られるのではないかとビビッていたのですが、
頂いたメールを読んで、目頭が熱くなりました。


セミナーに参加頂く方には、
事前にお悩みの状況をお知らせ頂くようにお願いしているんです。


そのメールに書かれている内容が、

「今ではだいぶ楽になって、ぜひお会いしてお礼が伝えたくて」とか

「ブログやDVDで助けられました。いつかお会いしたかったです」とか

「他にもっと苦しんでおられる方に譲ればよかった。だけど本当に夢のよう」とか


・。 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


何というか、

言葉にならないです。。


ほんますんません、って感じです。。


とにかく、開催まであと3日。

精一杯やります。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

運営サイト

耳鳴りやすらぐ読む薬

耳鳴り克服診断


ツイッター

ログピ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM